エアコンの仕組み、省エネ運転についてわかりやすく解説するサイト『エアコンの上手な使い方』

 フランス語の花束を意味する「bouquet(ブーケ)」ですが、皆さんは「ブーケ」のことを、どの程度知っているでしょうか? ほとんどの人は結婚式で使ったり見かけたりするぐらいで、あまり詳しいことは知らないのではないでしょうか。
女性の習い事でも大変人気なのがフラワーアレンジメントです。 特に結婚を予定している女性や婚活真っ最中の女性は、結婚式で自分が作ったブーケを持つことを目標に習う方が多いんだそうですね。 確かにお花に詳しかったり、フラワーアレンジメントができる女性って、同性から見ても素敵ですし、 お見合いや婚活パーティーで「趣味はフラワーアレンジメントです」と言ったら男性の好感度もアップしそうです。
さて、当サイト「ブーケの達人」では、皆様のブーケライフを充実させるために、 ブーケの語源や種類、ウンチク、ブーケを使ったセレモニー、ブーケに使ういろいろな花の花言葉など、ブーケに関するあらゆる情報を載せています。
せっかくなので、皆さんもブーケのことを知り尽くし、あっちこっちでブーケを語れるようになっちゃいましょう。

各ブーケの特徴

ラウンドブーケ、キャスケードブーケ、オーバルブーケ、クラッチブーケなど、いろいろなブーケの特徴をご紹介します。

ブーケのウンチク

むかしむかしヨーロッパでは、男性が女性にプロポーズをする際に、野原に咲いている花を束ねて、女性に結婚を申し込みました。 これがブーケの始まりです。そして・・・

ブーケ・トス

ブーケ・トス(bouquet toss)は、結婚式における欧米の慣習で、フランスが発祥の地だと言われています。「幸せのおすそ分け」をするという意味があります。

ガーター・トス

「ブーケ・トス」の男性版が「ガーター・トス」です。これは、花嫁が結婚式で左足につけていたガーター(靴下止め)を、花婿が未婚の男性に向かって投げるのです。

押し花ブーケ

ブーケを押し花にしたものを「押し花ブーケ」「プレストブーケ」といいます。立体を平面にするため、 生花から多少イメージが変わることもありますが、ブーケ全体のイメージについては、かなり再現性が高いです。

ドライフラワー

生花を一輪ずつ乾燥させ、再びブーケのように作るものを「ドライフラワー」といいます。 花そのもののイメージを残すには最適ですが、非常に高度な技術が必要なので、複雑なアレンジのブーケには向いていません。