ブーケの語源やウンチク、活用法など、ブーケを知り尽くすサイト『ブーケの達人』

●●●ブーケについて●●●

 

ブーケ(bouquet)とは、フランス語で花束・香水・ワインの芳香などを指す言葉です。
ブーケの語源や種類、ウンチクなどをご紹介しますので、ぜひブーケに関するマメ知識を身に付け、結婚式等お友達に披露してください。

【ブーケの語源】

もともとはフランス語の花束を意味する「bouquet(ブーケ)」のことですが、花嫁を邪悪なものから守るとも言われています。 プロポーズの時に男性が女性に花束を渡していたのがきっかけで、結婚式で使われるようになったと言われています。
日本のブーケの始まりは、第二次世界大戦後です。1965年前後から、結婚式の洋式化に伴って、ブーケを持つようになったと言われています。
また、男性が持つものは「ブートニア」と呼ばれています。

【各ブーケの特徴】

◆ラウンドブーケ
その名の通り、円形の形をしているブーケです。比較的ドレスを選ばず、どんなドレスにも合わせやすいでし。

 

◆キャスケードブーケ
英語で「小さな流れる滝」を意味します。正統派のウェディング・ブーケとして人気が高いです。

 

◆オーバルブーケ
楕円形のブーケです。穏やかなムードのブーケで、ボリューム感があるので、クラシカルなイメージや大人っぽさが表現できます。

 

◆クラッチブーケ
花束のブーケ、カジュアルなブーケとして用いられることが多いです。

 

◆バックブーケ
鞄の形をしたブーケです。とても個性があり、結婚式の二次会などに用いられることが多いです。

 

【ブーケのウンチク】

むかしむかしヨーロッパでは、男性が女性にプロポーズをする際に、野原に咲いている花を束ねて、女性に結婚を申し込みました。これがブーケの始まりです。
そして、女性は花束を受取り、結婚の申し込みを受けた証として、花束から一輪の花を抜き取り、男性の胸ポケットにそっと挿しました。これがブートニアです。
だから男性のブートニアは、ブーケに使われている花と同じ花を使うのです。