ブーケの語源やウンチク、活用法など、ブーケを知り尽くすサイト『ブーケの達人』

●●●ウェディング・ブーケ●●●

 

「ブーケ・トス」や「ブーケ・プルズ」などの、結婚式におけるブーケを使ったセレモニーについてご紹介します。 「ガーター・トス」はブーケを使うわけではありませんが、ちょっと変わっていて面白いため、ぜひ「ブーケ・トス」とセットでやってみてください。

 

【ブーケ・トス】

ブーケ・トス(bouquet toss)は、結婚式における欧米の慣習で、フランスが発祥の地だと言われています。
ブーケ・トスとは、花嫁が結婚式で使用したウェディング・ブーケを、披露宴のときに未婚の女性に向かって投げるという慣習で、 「幸せのおすそ分け」をするという意味があります。投げられたブーケを受け取った友人は、次に結婚できると言われています。
花嫁が後ろ向きになって、ブーケが誰に渡るか見えないようにして行いますが、友情の証として親しい女友達に直接手渡すこともあります。
近年では、ブーケ・トスにより友人が受け取ったブーケを、挙式後にアフターブーケとして花嫁にプレゼントし返すサプライズも増えています。

ブーケ・トスをやると、披露宴の招待客全員に未婚であることが知られてしまうので、ブーケ・トスの際に「未婚の方は前にお進みください」とアナウンスしたり、 ブーケを渡す友人を指名する事は失礼に当たる場合もあるので、気を付けましょう。

【ブートニア・トス】

ブートニア・トスとは、ブーケ・トスの男性版で、花婿が結婚式で使用したブートニア(新郎の胸元に飾る花)を、未婚の男性に投げることです。

【ブーケ・プルズ】

ブーケ・プルズとは、ブーケを投げる代わりに、くじ引きのように紐をブーケにくくり付け、未婚女性に引っ張ってもらうことを言います。 当たりの紐一本のみがブーケとくっついています。
完全に公正なやり方をすることもありますが、ブーケ・トスとは違って仕込むこともできますので、 花嫁の最も親しい友人に前もってこっそり当たりを教えておき、引かせることもできます。

【ガーター・トス】

「ブーケ・トス」の男性版が「ガーター・トス」です。これは、花嫁が結婚式で左足につけていたガーター(靴下止め)を、花婿が未婚の男性に向かって投げるのです。
当然ガーターを投げるためには、花嫁の足についているものを外さなければなりませんが、外し方にも素敵な決まりがあります。
花婿は、花嫁のドレスのスカートの中にもぐりこんで、手を使わずに、口で外さなければいけないという謎のルールがあるのです。
ガーター・トスで見事ガーターを受け取った男性も、いったいどのようにガーターを使えば良いか困ってしまいますよね。しかし心配はいりません。 受け取ったガーターは彼女の足に付けるのです。彼女がいない人は、その結婚式で彼女を見つけましょう。